デジタルマーケティング

AIが流行している中にあって、マーケティング業界も指をくわえているわけにはいきません。当然のようにAIが導入され始めています。

このような動向を、デジタルマーケティングと呼んでいます。

デジタルマーケティングの対象は、メールやリスティング広告が主軸です。オンライン上の広告は情報収集し易く、AIの活用に向いているからです。また、スマートフォンがこれだけ広がっている中で、ユーザーがネット上の広告に触れる確率は非常に高いからです。

もちろん旧来の広告であるチラシや看板に纏わるデータもAIが読み取るデータに変換されています。デジタルマーケティングは、マーケティングの効率を一気に高められる可能性があります。

何故なら、マーケティングそのものをオートメーション化できるからです。これをMAと呼びますが、MAはネット上のユーザーの行動を分析し、サイトの深部までクリックし続ける可能性の高いユーザーを抽出することが出来ます。

それにより、購入してくれる可能性の高いユーザーに対し、色々なアピールができるのです。

アピールもAIがこなしてくれるケースがあります。

例えば、ユーザーに提供するコンテンツを管理することもあります。MAの使い道は集客に留まりません。売り上げと顧客を管理したり、常連客の作り方や改善策を提示したりするのもAIの仕事だからです。