インフラ企業におけるオペレーションメンテナンス

日本の火力発電所ではAIを導入し、遠隔監視システムで故障を予測したり、効率を管理しています。

実際、その体制で機械故障が大幅に減少し、発電を止めなければならない事案も減りました。これはインフラ企業としての役割を全うする上で喜ばしい成果だと言えます。

故障の予兆検知システムは、AIの機械学習と相性が良いと考えられます。教師データさえ沢山集められれば、後はAIがそのデータを学習し、故障に気付いてくれるからです。流石に配管の温度変化等に気付ける人間はいませんから、AIに頼る領域は広いのです。

さて、話は変わりますが、AIはインフラはもちろんのこと、一般企業のマーケティングにも広く利用されています。

マーケティングで重要なのは宣伝広告です。宣伝広告は費用面で企業の負担になるため、出来る限り効率的な広告が求められます。

そのためにAIが欠かせないのです。AIを導入したマーケティングはデジタルマーケティングと呼ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です