システム開発の利用方法

ビジネスの世界でシステム開発を活用するためには、機械学習の3要素について理解しておく必要があります。

その3要素とはすなわち、

・情報科学

・計算機環境

・ビッグデータ

のことを指します。

情報科学とは、いわゆるアルゴリズムを指します。ディープラーニングの計算式もその一つです。アルゴリズムの選択は人間が行うため、相応の知識が必要になります。

計算機環境とは、AIが計算するための環境を整えることです。

AIが実力を発揮するためには、コンピュータもクラウドも必要になります。例えば、高度なAIであっても、ハードが良くなければ計算に何週間も掛かります。ハードを最新のものに変えるだけで、その計算が瞬時に行われるようになるのです。

また、一般企業が自社に高度なコンピューターを設置するわけにはいきませんから、クラウドAIを利用できる環境も必要になります。クラウドAIは自らアルゴリズムをプログラミングしてくれますから、データサイエンティストに頑張ってもらう必要もありません。因みにクラウドAIを利用すれば、数か月かかる実験が、わずか数日で終わってしまいます。

ビッグデータとは、AIが教師データとして習うものです。

このビッグデータが不足すると、AIは無用の長物になってしまいます。大量であることはもちろん、欠損値の無いデータである必要があります。ビッグデータは1企業が自社のみで収集できるものではありません。やはり外部の専門企業に委託するしかありません。