対人コミュニケーション

近年では、医療の世界にまでもAI導入が進んでいると言います。導入例としては、MRI画像の判断というものが挙げられるでしょう。写真を見て診断するという基本的な形式は変わらないと言われていますが、判断する対象が画像情報の範囲内ということであれば、人間の医師が判断するよりもAIドクターの方が、より精度の高い判断ができるようになるのではないでしょうか。ただ、これは、画像分析だけに限定したときの考え方であり、実際では人間の医師は、MRI画像の情報だけからでなく、目の前にいる患者さんとの会話や、その表情といった細かな情報から、心理状態や感情の動きなどを察知していると言えるでしょう。こういった事は、まだAIドクターには不可能な次元とされているため、実現はかなっていないと言えるでしょう。医療の世界を例に挙げましたが、これは、他の職業においても、同じ課題が挙げられるのではないでしょうか。人が、面と向かってコミュニケーションを取る事で得られる情報というのは、AIには困難な情報処理と言えるでしょう。ドクター、トレーダー、気象予報士、他にも様々な職業で、人間とAIを比較した時、同じ土俵内の情報だけでは完敗に近いと考えられるでしょう。しかし、違うフィールドの情報を集め、判断していくことが加わった場合、人間のパフォーマンスというのは、とても重要な役割を果たしていることがわかるでしょう。会話というコミュニケーションを覚えつつあるAIですが、今後、人間のようなQ&Aが確率され、そのデータを使いこなせるAIが発達した場合、AIのコミュニケーション能力の精度は向上し、どんどんと人間の仕事を行えるようになるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です